どらどら doraisu00 さんについて

本記事は名古屋在住Twitterユーザーどらどら (@doraisu00)さんに関する注意喚起とまとめとなります。

f:id:doraisu01:20210216130931p:image

f:id:doraisu01:20210216130937p:image

f:id:doraisu01:20210308103018j:image

グランブルーファンタジーのアカウント http://gbf.game.mbga.jp/?opensocial_viewer_id=151197049&token=de5e50f2132dee1f010d#profile/5045421

IDは5045421です。

逃げられない方のTwitter https://twitter.com/intent/user?user_id=2911447801

 
友人が被害にあったので、また、あまりに悪質であったため、証拠を抑えここにまとめる運びとなりました。
 
まず、彼、どらどらさんは2020年4月末から現在2021年2月16日に至るまで、Twitterユーザーちふぁろ (旧ID @OGO5O)さんに対して一方的で執拗な嫌がらせをしています。
なりすましアカウント(現ID OGO6O)(被害者のアカウントに応じて頻繁に変更していた)を作成し、被害者に粘着し続ける嫌がらせの結果、とうとう被害者はTwitterアカウントを削除してしまいました。
 
(現在ツイート削除済み)(魚拓はとっています)
 
※まだあったみたいです。
なりすましアカウントその2
 
そこで、そのなりすましアカウントを調べてみると、2021年1月5日からはなりすまし被害者ではないアカウントに対して過度な粘着を行っていました。
f:id:doraisu01:20210216124947j:image
f:id:doraisu01:20210216125025j:image
添付した画像は一例です。見てわかる通り、中国人に対する差別発言です。これは何故だろうと更に追っていくと、
f:id:doraisu01:20210216125300j:image
1月4日にこのようなやり取りがありました。下のアカウントは、上の画像でなりすましアカウント@OGO6Oから差別発言リプライを送られているアカウントです。
つまり、どらどらさんは自らの差別発言を差別発言で返されたことに業を煮やして、なりすましアカウントで更なる差別発言をしたということになります。
 
どらどらさんの単純な行動原理のおかげで、なりすましをしていた人物がどらどらさんであると特定することができました。
 
ちなみに、どらどらさんはなりすましアカウントを作る前にちふぁろさんと接触をしています。ちふぁろさんからの話によると、
・2020年4月末、タイムラインに流れてきた画像についてちふぁろさんが空中ツイートで意見を述べたところ、全く面識のないどらどらさんにRTと共に揶揄され、その上グランブルーファンタジーのプロフィールを載せていたツイートにいいねをされた。
・それらの行為は不愉快であったが、どらどらさんが当時のちふぁろさんのフレンドと懇意であったのでちふぁろさんからフォローとフレンド申請をしたところ、フォローバックとフレンド承認をされた。
・その後しばらく別のことで悩んでいるうちにどらどらさんからブロックとブロック解除で繋がりが切れてしまっていた。
・ここまで粘着されている理由はよくわからない。
とのことです。
f:id:doraisu01:20210216132226j:image
 
大変長くなりましたが、以上がどらどらさんの注意喚起とまとめになります。ここまでお読みいただきありがとうございました。
どらどらさんが差別発言をしてしまう、自分が気にいらないだけの異性にここまでのことをしてしまう己の人間性を見直して、私達に謝罪してくださる日が来るのを待っています。
 
最後に、証拠を見つけるお手伝いをしてくださった方々への謝意を表したいと思います。
 
2021/02/24 追記
現在彼はこのブログを真っ先にシェアしてくれた方への嫌がらせにシフトしているようです。その方のなりすましアカウントも発見しました。あまりに陰湿ですし、反省の色ナシで驚いてしまいました。
正直な話、癇癪じみた行動に走る前に謝罪なさった方が人間的にいいと思いますよ……!悔しいのかもしれませんがあなたの撒いた種です。
幼子のように喚いても無意味です。邪な気持ちで人の投稿を漁るような罪を重ねるのをおやめなさいね。
 
 
 
2021/03/10 最後の追記
 
もう彼の人間性に期待もできそうにないという結論に至ったので、このブログはこのままにしておきます。お読みくださったみなさま、シェアしてくださったみなさま、本当にありがとうございました。大変助かりました。私達の前からいなくなってしまったちふぁろさんも幾らか救われたはずでしょう。
ちなみに、万一本記事を保持することが難しくなった場合はまた何かの手段で残そうと思っています。
 
 
それでは。